小型船舶(モーターボート)免許の種類  

◆小型船舶操縦士の免許には、船の大きさと航行区域に応じて次のような種類があります。
◆モーターボート、水上オートバイ、ヨット(エンジン付)、基準以上のゴムボート等を操縦する場合には、船舶免許が必要となりま
  す。


@  免許の種類            一級小型船舶操縦士免許
  A  受験年齢             18歳以上
  B  操縦出来る船の大きさ     総トン数20トン未満 (国内外販売のモーターボートは、ほぼ操縦出来ます。)
  C  航行できる区域         距離制限なし沿海区域で陸岸から5海里(約9Km)以上

  ★  5海里以上の沖合で魚釣りしたい、又は天売島、焼尻島、利尻島、奥尻島等の島に行きたい場合、又は長距離航海す
     る場合はこの免許を取得して下さい。この免許は、陸岸から5海里(約9Km)以上航行出来ます。(距離制限無し)
     ただし、 沿海区域の外側80海里未満の水域以遠を超えて航行するには六級海技士(機関)乗り込み必要。


@  免許の種類            二級小型船舶操縦士免許
  A  受験年齢             18歳以上 (ただし、5トン未満の船舶限定の場合は、16歳以上)      
  B  操縦出来る船の大きさ     総トン数20トン未満 (国内外販売のモーターボートは、ほぼ操縦出来ます。)
  C  航行できる区域         沿海区域で陸岸から5海里(約9Km)迄。

  ★ モーターボート、基準以上のゴムボート(エンジン付)、ヨット(エンジン付)等を操縦する場合には、この免許を取得して
     下さい。この免許は陸岸から5海里(約9Km)迄航行出来ます。 16歳以上18歳未満で合格した場合は、
     総トン数5トン未満限定有りとなり、18歳で自動的に限定が解除されます。


@  免許の種類            特殊小型船舶操縦士免許(水上オートバイ専用)
  A  受験年齢             16歳以上       
  B  操縦出来る船の大きさ     水上オートバイ
  C  航行できる区域         沿海区域で陸岸から2海里(約3,7Km)迄。
  ★ この免許は水上オートバイ専用の免許ですので、水上オートバイを操縦する場合は、この免許を取得して下さい。


◆◆ 上記の一級又は二級の免許取得した場合は、水上オートバイは操縦出来ません、両方操縦したい場合は、特殊小型
    免許も受験して下さい。また、特殊小型船舶(水上オートバイ)免許を取得した場合は、モーターボートを操縦する事は
    出来ません。


 ■  一級・二級小型船舶教習船 (全長23フイート・クルーザー) 船 名 SKGー4

    

 

特殊小型教習船
  排  気  量    1,500 CC
  機 関 出 力    131馬力
  最大搭載人員   3  人
  船    名    S K G −5

 

 




 



 図解に進む

免許試験科目及び出題数一覧表に進む